keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
冬のインナーシャツ長袖を選ぶポイントは
, 長袖インナーシャツ

冬のインナーシャツ長袖を選ぶポイントは

寒い冬はついつい家にこもりがちになりますが、冬でもストレスなくスポーツを楽しみたいものです。寒さに負けず防寒をしっかりと行いながら運動を継続することが大切です。ますはインナーシャツの長袖を着用することで保温性を高めましょう。ここでは冬のインナーの選びのポイントを紹介します。

POINT

ヒートテックのインナーシャツはスポーツには不向き?

冬のインナーの定番にヒートテックがありますが、スポーツのインナーは速乾性の機能が重視されます。ヒートテックにはレーヨンの素材が含まれています。レーヨンは吸収性、保温性はすぐれていますが、速乾性がとても悪いのでスポーツのインナーには向いていないと言えます。吸収された汗は行き場がなくなり水分のまま残り体を冷してしまいます。体が冷えると動きも鈍くなりトレーニングに悪影響を与えます。通常の生活で着用するヒートテックのインナーは保温性に優れ、冬の防寒には最適と言えますが、スポーツにはやはり様々な機能を備えたインナー選びが肝心です。

POINT

様々な機能性が求められる冬のインナーシャツ選び

スポーツのインナーに求められる機能は汗の吸湿性に優れ速乾性があること。着やすい伸縮性とハードな動きや洗濯にも強い耐久性、更に抗菌や防臭の機能も高いものが良いでしょう。また、サイズのフィット感も大事です。オールシーズン使用できるインナーに加えて、冬は冷気が入り込まないようにする防風性や薄手でも保温性の優れた素材の一枚があると重宝するものです。スポーツを通して健康作りやダイエットに励む。冬でも休むことなく続けられるよう納得のインナーを準備しましょう。

POINT

メインジャケットとの組み合わせを考える

インナーが決まれば、上に着用するメインジャケットも機能を合わせて選ぶことが大事です。せっかくインナーの機能を完璧に揃えても、上に着るシャツやジャケットの機能がちぐはぐでは十分とは言えません。インナーと同じ機能を揃えた物を選びましょう。また、重ね着することで動きを損なわないように軽量で薄手でも、保温性の高い素材がベストです。

まとめ
冬のスポーツをより楽しむには、安易に保温性だけを求めるのではなく、スポーツのための機能を備えたインナー選びを心がけましょう。また、シャツやジャケットなど上に着用するものやソックスなどもインナーに合わせた機能を選ぶことが大事です。スポーツ店やネットショップでもそのような点に着目して選ぶことをお薦めします。

Follow me!