keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
スポーツを快適にするために!長袖インナーシャツの機能を探る
スポーツ向け, 長袖インナーシャツ

スポーツを快適にするために!長袖インナーシャツの機能を探る

季節の変わり目のこの季節、なにかと気温変動が激しく体調を崩しやすい方も多いと思います。一番の悩みどころが「服装」ではないでしょうか。「今日は晴れているし、あったかいだろうな」と思って薄着で出ても帰る頃には肌寒くなったり、「なんだか寒いな」と厚着で行って昼間気温が上昇したりと、失敗して体調を崩してしまう方も少なくないでしょう。

POINT

インナーシャツの特徴と仕組み

インナーシャツは、アンダーウェアとも言われ、日本では肌着や下着という方が、馴染みが深いですね。インナーシャツは文字通り、普段着用するシャツなどの下に着るもので、袖のカットやデザインだけでも沢山の種類があります。素材は会社によって様々ですが、薄く伸びやすい生地が使われていることが多いです。インナーシャツを着用することで上に着る服から体の汚れを守り、身体の保温、快適さや衛生面でも機能してくれます。

POINT

インナーシャツの豆知識

インナーの起源は、実に古代からあるといわれています。当時は、切りっぱなしの布を腰や胸に巻き付けるもので主に汚れなどから肌を守る為に利用されていました。 中世ヨーロッパ時代になり、布の開発が進み染色技術やおしゃれのこだわりが進んでくるとインナーも薄手の物になり、身体にフィットする柔らかい素材が好まれるようになっていきました。その時代は主に下着は女性が多用するものとされ、商品の種類なども女性の物が数々開発されてきましたが、1900年代初期には男性の下着にも機能的なものが生み出されるようになりました。

POINT

インナーシャツの進化

インナーシャツは、上記で説明したように下着としての役割が多かったのですが、今では作業用、スポーツ用などに快適性と機能性、最大限のパフォーマンスを引き出せる特性をもったインナーシャツが開発されています。そのようなインナーシャツは、肌を守る下着としての機能を残して、さらにより汗や水分を吸収し、より乾きやすいものが多くあります。最近では、さらにUVカット効果疲労軽減着圧効果など沢山の種類のインナーが開発されて、自分の生活や職業に合ったものを選べるようになっています。

まとめ
最近では様々なメーカーから、機能的な素材やデザインを起用したインナーシャツが出てきています。冬は保温性のあるしっかりタイプの長袖インナーを、夏は速乾性、吸水性を兼ね備えたインナーを、また女性は長袖インナーでUVカットが出来るのも嬉しいですよね。あなたも、普段の生活をより機能的にするためにもぜひインナーシャツにこだわってみませんか?

Follow me!