keyboard_arrow_right
長袖インナーシャツ
スポーツ向け, 各メーカーの特徴, 長袖インナーシャツ

スポーツインナーシャツ 各メーカーの特徴まとめ

インナーシャツは、職場や学校など普段の生活でも着用することが多いのですが、特にスポーツの場では最大限のパフォーマンスが求められるため、普段の物よりも特に機能性を重視したインナーシャツが販売され、時にはプロのスポーツ選手とメーカーが契約してオーダーメイドのインナーを開発することもあるようで、こういった機能を持つインナーをコンプレッションウェアとも呼んでいるようです。 沢山のメーカーや企業が販売している中で、特徴のあるものを集めてみました。

POINT

日本の下着メーカー、ワコールのインナーシャツCW-Xの特徴

女性用の下着のテレビCMなどで目にするワコールですが、このインナーシャツCW-Xシリーズはスポーツ界ではかなり知られた存在の様で、ネットの広告ではあのイチロー選手が広告塔となっています。

テーピング原理を、インナーに組み込むという考え方から生み出されたCW-Xは、体全体を効率よく使えるようにするために上半身の可動域に重要な、肩甲骨を重点的にサポートし体の軸を安定させた疲れにくい設計です。ワコールは独自の研究室を持っているということもあって流石一大下着メーカーだけありますね。

POINT

歴史深い信頼のメーカー、ミズノのインナーシャツ バイオギアの特徴

沢山の人がその名を目にしたことのある、ミズノは100年以上の歴史を持った日本の一大スポーツメーカーです。そんなミズノが開発したインナーシャツ、バイオギアは骨格や筋肉自体をコントロールする機能を強化し、一般的なメーカーでは着用のしやすさを重視した横に伸びる設計を、縦方向に設計することで皮膚の収縮とインナーの収縮とを同じにして、ズレを軽減させ動きやすさ追求した「ダイナモーション設計」を採用しています。

POINT

スポーツインナーと言えばこれ!アンダーアーマーのインナーシャツ 

 

Masatoさん(@ayuzo2155)がシェアした投稿

数あるスポーツインナー、コンプレッションウェアといえば、やっぱりアンダーアーマーのインナーではないでしょうか。スポーツ経験者の中ではアンダーアーマーはコンプレッションウェアと同一視されている方もいるくらいなので、この分野では代表的存在といえるでしょう。

アンダーアーマーは「セカンドスキン(第二の皮膚)」をテーマにし、独自の4wayストレッチ素材を採用していて抜群の着心地が一番の魅力といえます。 いかがでしょうか。一つにインナーシャツと言ってもそれぞれお客様のパフォーマンスを向上させるために研究し、独自の特性を持った一品を各メーカーが開発しています。

ぜひ見比べてみて自分にあった一着を見つけてみてくださいね。

, , 長袖インナーシャツ

オールシーズン活躍する人気のメンズ長袖インナーシャツ

より快適にスポーツをするために、インナーシャツはオールシーズン着用できる長袖をおすすめします。プロスポーツ選手やアスリートたちも長袖のインナーシャツを着用している方が多くなりました。それは、夏に長袖であっても半袖となんら変わらず涼しく快適だからです。機能性に富んだインナーシャツは、どんなに大量に汗をかいてもすぐに吸収し、素早く発散させることで体温を下げてくれるのです。また、肌を紫外線から保護する目的で着用する方もいます。夏冬兼用の長袖シャツを1枚持っていると、重宝するのでおすすめです。ここでは売れ筋ランキングでも上位を占めているメンズ長袖インナーシャツを紹介します。

POINT

オールシーズンOKのコンプレッションウェアを着てみる

コンプレッションウェアとは、アンダーアーマー社が開発した魔法のスポーツウェアで、現在では他のメーカーも次々に優れた商品を開発しています。体にピチッとした素材のウェアで、着圧することで様々な効果が高まることが科学的に実証されています。まず、筋肉疲労を軽減と回復効果がある。次に筋肉を支え補助し姿勢を矯正する。また、汗を速乾吸収し涼しさを保つ。

更に保湿機能で冷から体を守る等など。他にも多くの機能を備えていることが魔法の素材と言われる所以です。インナーシャツに長袖を着てみると、全身を適度に締め付けるので、普段と違う感覚が集中力を高めトレーニングモードを持続します。また、長袖であっても抜群の速乾吸収性で汗をかいてもさらっとして不快感がまったくないのです。

加圧により血流が良くなることで足のむくみにも効果があり、疲労回復に確実に効果があります。これはもう、プロアマ問わずオールシーズン絶対に試してみるべきウェアと言えるでしょう。

POINT

他のアイテムと調節してインナーシャツを快適に

オールシーズンインナーシャツ長袖メンズを上手に着こなすには、上に着るTシャツやパーカー、ジャケットなどとうまく組み合わせて着るよう心がけましょう。機能性に優れたインナーシャツを着用しても、上に着るものがその機能を疎外するようでは、かえってトレーニング効果を下げてしまいます。

例えばパーカーが速乾吸収性を備えていなければインナーからの汗を外へ出す事ができずに水分がこもり体を冷やしてしまいます。また、汗をかくことでどうしても重くなるので、数枚重ねて着る冬場には、どれも軽量であることがとても大事なので重さにも注目しておきたいものです。

@sachuun1024がシェアした投稿

まとめ
オールシーズン快適にスポーツを楽しむために、インナーシャツメンズに長袖を使用してみることをおすすめします。中でもコンプレッションウェアはその機能性の高さから、試してみるに値するウェアと言えます。また、インナーシャツと組み合わせる上着についてもストレスを感じさせない素材選びを心がけることが大事です。
スポーツ向け, 長袖インナーシャツ

スポーツを楽しむための長袖インナーシャツ選び

プロスポーツ選手であれ、趣味でスポーツを楽しむ方であれ、スポーツを始めるに当たっては、やはりウェアにこだわるものです。快適にスポーツをするには、まずはインナー選びから。お気に入りを選ぶことでモチベーションも上がり、楽しさも倍増するのでインナーを揃えるもの大事なことの一つです。そこで、メンズのインナーシャツ長袖やTシャツを選ぶ際の注意点を考えてみましょう。

POINT

インナーの素材にこだわる

なんといってもウェア素材に注目することは大事です。肌に直接触れるインナーシャツの長袖やTシャツだからこそ、こだわりの素材を選びましょう。まず、素早い汗の吸収とその汗をすぐに発散させる素材でなければなりません。また、軽量であることも快適さの条件に入れましょう。

さらに、屋外スポーツではUVカットであることも大事です。汗の臭いも解消してくれる素材であればより快適なスポーツが楽しめることでしょう。綿や麻などの天然素材は肌に触れた感触が快適な感じはありますが、一般的には吸収性、速乾性に富んだポリエステル素材が主流でお薦めです。いずれにしても、スポーツのジャンルや自分の思考にあった素材選びをすることで、より快適にポーツを楽しむことが出来ます。

POINT

メンズインナー長袖のデザイン、色を決める

masatsugu ikedaさん(@maatsug420)がシェアした投稿

プロスポーツ選手ならオリジナリティーなデザインや色でウェアを揃え、自己イメージを作り上げているものです。アマチュアや趣味のスポーツにおいても自分なりにいろいろなインナーやTシャツを試して、統一したイメージを作り上げて楽しんでみてもいいのでは?

自分のお気に入りのデザインや色選びは、モチベーションを高めスポーツを長く続けるための原動力ともなるくらい大切な要素です。インナーやTシャツをそのままスポーツウェアとして使用することもできるので、飽きのこないシンプルなデザインで長く着るのも良いですし、個性的はデザイン選びで自己表現をするのも楽しいことでしょう。

POINT

インナーのサイズ選びはしっかりと

インナーのサイズが合わないと、上に着るウェアにも響きます。見た目だけでアバウトに決めるのではなく、しっかりと自分に合ったサイズを選びましょう。国内メーカーであっても、S、Ⅼ、Ⅿの表記はサイズが微妙に異なるものです。ましてやインポート製品に至ってはかなりの違いがあります。表記のサイズをしっかりと確かめるのは大切なことと言えます。

まとめ
健康維持のため、または趣味としてスポーツを始める方が年々増加し、それに伴いスポーツウェアも随分と充実してきました。数ある中から自分に合ったメンズインナー長袖やTシャツを選ぶには、事前に情報を得て自分なりのイメージを作り上げ、スポーツ店やネットショップを訪れることがいい商品を選ぶ近道と言えます。
, 長袖インナーシャツ

夏の快適なインナーシャツ長袖

スポーツをする上で、快適であることは最も重要な要素です。日本の夏はかなり湿度が高く、汗をかいても蒸発しにくい環境にあり、夏のスポーツはより過酷と言えます。そんな夏でも涼しくスポーツが出来る長袖のインナーシャツが研究され、快適にスポーツができるウェアが数多く出回るようになりました。発汗のピークとなる夏の日に着用できる上質で快適なインナーシャツを探してみましょう。

Chiii。さん(@chiemonty)がシェアした投稿

POINT

インナーに注目することで夏のスポーツが変わる

夏、スポーツをすると大量に汗をかき、体温が上がります。そのことで肉体はダメージを受けるので、汗をかき体温を下げるよう調整されます。そこで発汗した水分を素早く吸収、発散させる機能性の高いインナーの着用が求められます。汗をかいたままの不快な状態は大きなストレスとなり、トレーニングにも影響を与えます。この季節は涼しいウェアを着て体温を下げるよう心掛けるのが大切です。

POINT

夏にお薦めコンプレッションウェアを着る

夏でも快適にスポーツができる、長袖インナーウェアが多く出回っています。今人気のコンプレッションウェアは抜群の伸縮性があり、動きやすくどんなスポーツシーンにもピッタリで、その機能性は高く評価されています。筋肉疲労を軽減する、血流がスムーズになり、むくみの解消、新陳代謝が良くなる。

また、関節の動きをスムーズにし怪我防止のテーピング効果もあるとのこと。夏にお薦めの理由としては、スパッツのようにフィットしていますが伸縮性が高いので楽に着ることができること。さらに、接触冷感素材なので着用時にひんやりとした感触が暑い夏に最適です。ランニング、登山、ゴルフ、野球、自転車、ヨガなどの様様なスポーツに活躍する今注目のコンプレッションウェア。あなたも自分のスポーツトレーニングに取り入れてみませんか。

POINT

自分のスポーツシーンをイメージしトレーニングする

アマチュアや趣味のスポーツであれ、イメージトレーニングは大事です。湿度が高い日本の夏。終始モチベーションを高めながら、トレーニングを持続させるのは結構難しいものがあります。そこで目的を持ってスポーツを楽しむことをお薦めします。大きな目的でも小さな目的でも結構です。その目的に向かう原動力と成し遂げた達成感が自信に繋がります。

そして、過酷な夏を乗り切るためにインナーやウェアの色やデザインも夏らしく涼しげに装うこともお薦めです。快適なインナーとイメージトレーニングで夏のトレーニングを乗り切りましょう。

まとめ
夏のインナー長袖を選ぶにあたっては発汗を素早く吸収、発散する機能が高いウェアを選ぶこと。快適にスポーツをするために今人気の商品に着目し、自分のスポーツに合うウェアやお気に入りの色やデザインで士気を上げるのもとても大事です。暑い夏の乗り切るためいろいろな工夫を自分なりに考えてみましょう。
レディース向け, 長袖インナーシャツ

デザイン性が求められるレディース向け長袖インナーシャツ

スポーツ用から仕事用シャツの下着まで多用されている、インナーシャツ。汗の吸収することはもちろんの事、紫外線カットの機能がついているものも多くなってきました。特にマラソンやテニスなど屋外でのスポーツをする女性には重宝されている方も少なくないのではないでしょうか。需要が増えていく中で機能と併せて求められるデザイン性についてまとめてみました。

POINT

今、おしゃれなデザインのインナーシャツが人気!

KENGOさん(@kengo6010)がシェアした投稿

インナーシャツといえば、インナー(下)から着るシャツ(上着)という意味で、普段から着用する下着からスポーツで着用する肌着まで幅広い意味合いで使われます。今までの印象では名前の通り、下に着るというだけでシンプルなデザインのインナーが多かったのですが、現在では上着の下などから少し見える「チラ見せ」というおしゃれが広まったことや、見えない部分にもおしゃれを求める声が増えたことから、インナーシャツにもデザイン性があるものが人気になりつつあります。

カラー展開の面では、これまでは白や、ベージュ、肌色などが一般的であまり目立たない色が多かったのに対し、緑やピンク、水色など鮮やかな色が多数ラインナップされて好きな色をチョイスできるようになり、形状の面でも袖や襟にフリルが付いたものなどが販売されていてより女性に好まれるインナーシャツに需要が集まっているのだと印象を受けました。

POINT

おしゃれなだけじゃない?オススメ長袖インナーシャツ

これだけ幅広い商品が存在するなかで、私がおすすめするインナーシャツは、プチプラショップやファストブランドなどで売られているブラトップインナーです。ブラトップインナーとはその名の通りブラジャーのカップとインナーが一体になったもので、直接カップが縫い付けられているものや、肩紐でつながれているものがあります。

ブラトップインナーを着ることにより、インナーとブラジャーを別々に着る必要がないのでストレスを感じることがありませんし、カップが直接縫い付けられているデザインのものはブラジャーの様にワイヤーで締め付けるタイプではないため、肌が弱くてなかなかブラジャーが合わないという方にもおすすめの商品です。

まとめ
いかがでしたか?今ではインナーシャツは汗を吸収する役目だけではなく、女性特有のおしゃれなデザインや機能を兼ね備えている商品が多数開発されているようですね。皆さんもショッピングに行った際にはぜひチェックしてみると、結構豊富な種類があって面白いかもしれません。